ジスロマックの飲み合わせ

ジスロマックの飲み合わせについて迫ってみよう!


薬には飲み合わせがあるものですが、それはジスロマックも同様です。一緒に飲んでも問題ないものもあれば、注意が必要なものもあります。今回は、ジスロマックの飲み合わせについて迫ってみましょう。

風邪薬は一緒に飲んでも問題ない!


ジスロマックは、抗生物質が入っていない風邪薬であれば一緒に飲むのが可能です。抗生物質は医師のみが処方できるため、薬局およびドラッグストアで販売されている風邪薬には抗生物質が含まれていません。そのため、ジスロマックを飲んでいる間に起きた風邪で熱が出たり、頭痛や咳と言った症状が出たとして、その症状を緩和するために風邪薬を飲んでも大丈夫なのです。病院で風邪薬をもらうなら、ジスロマックを服用していることを申し出る必要があります。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質なので、服用している時に他の抗生物質を併用してしまうと、相互作用により薬の効果が強く現れてしまう可能性があるためです。

鎮痛剤や整腸剤との飲み合わせも問題ないから安心!


市販の解熱鎮痛剤にはイブプロフェンなどの解熱鎮痛作用のある成分が含まれています。ジスロマックと薬効が重複する成分は含まれていないので、ジスロマックの服用時期に頭痛や生理痛の痛みなどの緩和のために鎮痛剤を用いるのは問題ありません。また、ジスロマックの属するマクロライド系の抗生物質は強い殺菌効果がありますが、消化器の働きを活発にしてくれるため、下痢の副作用が出ることがあります。そういった場合に、お腹の調子を整える目的で整腸剤を使うのも問題ないでしょう。

乳製品や飲酒は注意が必要な点を覚えておこう!


牛乳などの乳製品との飲み合わせは特段問題があるわけではないのですが、乳製品に含有されている脂肪分がジスロマックの効果を弱める可能性があります。よって、ジスロマックを服用している間は乳製品を摂取するのを控えた方が良いでしょう。さらに、ジスロマックを服用しているのに飲酒をすると、ジスロマックの有効成分の濃度が低くなってしまうと考えられます。ジスロマックの効果を十分に発揮させるためにも、血中濃度を濃くする必要がありますので、できれば飲酒を控えるのが無難です。どうしても避けられない場合は、なるべく飲酒の2時間前にジスロマックを飲むようにしましょう。